topimage

2017-05

侍ブルー帰国・記者会見を終えて - 2010.07.01 Thu

おかえり、ニッポン!!!!v(≧∇≦)v
コマノが笑ってくれてて良かった。
仲間っていいねえ。

今頃になってじわじわと胸に来るものがあるんですけど。
ウィンブルドンでは愛するロジャー・フェデラー様が不調で準々決勝で敗退。
サッカーと共にテニスでもショーゲキを受けつつ、岡田JAPANの帰国のニュースを観てました。
珠玉のコトバがいっぱいありましたねえ。
ものすごいものを乗り越えてきた人の言葉は、やっぱり胸を打つなぁ。
なかでも心に残ったのはやはり岡田武史監督の言葉だったので、記念に引用させてもらっておきます。

―― 応援してくれた子供たちにメッセージを と言われて。

岡田監督:代表選手たちにも同じことを言ってますが、これからサッカー人生、それ以外でも、いいときばっかりじゃない。
いいときもあれば悪いときもある。
でも悪いときというのは必ず、それがその人に必要だから。
何のためかといったら、次に成長するため。
そういう意味でうまくいかなくなったり、風が吹いたときに、簡単にあきらめない。そして絶対にネガティブにならないで立ち向かっていく勇気、そういうものを今回この選手たちが示してくれた。
子供たちにはぜひ、つらいこと苦しいことがあっても、簡単に逃げずに、この代表チームの選手たちのように見せてほしい。
僕は座右の銘に「人間万事塞翁が馬(人生の幸福や不幸は転々として予測できないことのたとえ)」としています。
そういう意味で、この言葉を子供たちに贈りたいと思います。(引用終わり)


笑顔の岡田監督
この写真はいいですね。
しばらくサッカーから離れたいという岡田監督の気持ちはすごーくわかるので、ゆっくりしていただきたいけど、本音を言えば、やっぱりワールドカップの監督は日本人だといいな~と思ったりする。
日本人には日本人の国民性ってやっぱりあると思うので、とても苦労してくれただろうけれど、結果的に岡田監督だったからここまで来られたんじゃないかなぁ。
サッカー協会も言ってましたが、2度のW杯を経験した貴重な存在です。
ファーマーもいいけど、また落ち着いたら後続引っぱりに戻ってきてくださいね。

■帰国会見全文記事リンク

死闘の果てに - 2010.06.30 Wed

日本VSパラグアイ戦が終わった。
延長でも両チーム点は入らず、PK戦へ。
なんか負けたということよりも(てか記録上はドローだし)、途中のサムライブルーたちの死闘ぶりに涙が出てきてしまった。
次のワールドカップにつながる素晴らしい死闘だった。
今回の試合で、日本の次世代サッカー少年たちが、どれほど夢をでっかくしたことか…!!!
なんせ本田圭佑選手、めちゃめちゃかっちょよかったわけだし!(憧れは大事だ!)
うん。
やっぱり、次につながる第一歩だよ。やっと第一歩。
なにしろあのニッポンがここまでのチームになったんだから、もちろんまだまだだろうけど、やっぱり今回のチームはアグレッシブという点でほんとに凄かったと思う。
岡田監督ありがとう!
考えて、考えて、ほんとに選手たちをいい状態に導いてくれて、ありがとうございました!!!
(あたしはやっぱり岡田監督フリーク☆)

でもって日本中がサッカーで盛り上がる中、ホークスはロッテ相手に19-1というスコアをたたき出してくれてました。
なんのスコアだ?とゆーよーな点数ですね。
いや、スギも良かったけど、打撃陣、気持ち良くホームラン打ってました。
こちらもありがとう!
勇気をもらって仕事、踏ん張ります!!!!

本日のベストショット♪
ぼく、レンくん!
ぼく、レンくん!(ぎゃー、かわいーっ!v(≧∇≦)v )

おめでとうニッポン!!!! - 2010.06.25 Fri

仕事中なので耐えようと思ったが、観ずにはいられなかった。
キンチョーのあまり、手足が冷たくなった。
終わって、ようやくぬくもてきた。
さ~、私も仕事に燃えるぞ!

日本の勝利記念、毎日新聞のPDF号外。4ページ豪華版!
1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目

本田圭佑選手のFK
それにしても、本田圭佑選手は別格だ。
本田圭佑選手のFK
いや素晴らしいシュートでした。
日本チーム、彼がいるからここまで団結してきたのかなぁと思う。
海外で苦労してきただけあって、カリスマ性だけじゃなく、周りに向けるやさしい目が大きな人となりを感じさせるな~。
彼、O型かしら??

決勝トーナメント進出!
おめでとう!

審判て難しいねえ(ワールドカップネタ) - 2010.06.21 Mon

ブラジル×コートジボアール、カカーがラストで退場。ぎゃー。
イエローカード…は、まぁあの場合はしかたなかったかなぁと思うけれど、アメリカ×スロベニアの幻の3点目はスローで観ても、どこがファウルなんだかわからない。
テニスみたいに選手側に物申すができて、そっからホークアイ診断ができたらいーのに。
角度によっては、サッカーなんてぜんぜん見えてないと思うし、なんとなーく不公平感が残っちゃうんだよねえ。
けどまぁ、主審の性格や目も試合の一部か。むむ。
でも、ワールドカップじゃみなさん、国の威信を背負ってるわけだし、わだかまっちゃうとよくないと思うけどな。
フィギュアスケートだって採点基準、変わるみたいだし、今の人類の技術力で、サッカーの審判ももうちっとナントカならないのかしら??

……ところで、フランス代表チームをどーにかしたってください。
NEWS:アネルカ追放で選手が練習拒否、止まらぬフランス代表のドロ沼化

「サッカーワールドカップ、あなたの注目国は?」 - 2010.06.15 Tue

トラックバックテーマ 第981回「サッカーワールドカップ、あなたの注目国は?」


ん~と、アルゼンチンとイングランド。
昔っから好きなチームだけど、サッカーのタイプとしてはアルゼンチンのほうが技巧的で美しく、イングランドは泥臭くて原始的で攻撃的で、そこが素敵な印象。
そういえば、デュランデュランの音楽なんかがそういうイメージだから、イギリスの印象って案外、洗練されてるようで洗練されてない職人気質なとこが好きなのかも。
まぁしかし、今回はマラドーナ監督率いるアルゼンチンがどこまで行くか観たいかな~。
メッシ、可愛いし。メッシ!!(^-^*)

おめでとう、圭佑!
日本の初戦はおみごとでした。
カメルーンが不調だったのも幸いしたかな? でも勝ち点3はびっくりしました。
本田圭佑さんのゴールは実に鮮やかで美しかったです。
ワールドカップ日本初戦!
これでチームがまとまるとインタビューで本田さんが言ってましたが、やはりチーム一丸となれるってとこまでいくのも大変なんでしょうね。
岡田監督、何やかやと雑音もうるさいことでしょうが、やっぱりインタビューを日本語で聞けるってのはいいな~と思うので、なんとかがんばっていただきたいものです。
ま、対オランダ戦はもう少し気楽に観れるかな。
だって、相手ぜんぜん強いんだもん。
あんまり期待しないで済むってゆーかー(小心者)。

ここ最近チームとして結果が出ていなかったし、正直雰囲気もあまり良くなかったですけど、チームが岡田さんを中心に前を向いて我慢したことが、今日のこの素晴らしい結果につながったと思っています。
自分たちの強みは団結力だと思っているし、最後まで自分たちの力を信じてゴールを割られないように守ったことが大きい。それまでも良い守備はしていて、不運なところで失点していただけなので自信はありました。守備は狙い通りだったと思う。
   ~~~試合後、本田圭佑インタビューより



サッカーワールドカップ2010 Yahoo!特設サイト

クライ・ベイビー・クライ - 2008.05.25 Sun

C.ロナウド号泣~~。
チャンピオンズ・リーグ、モスクワでの最終決戦は、英国同士。
マンチェスター・ユナイティッドvsチェルシー。
いや~、凄まじかった。
てか、PKってつらい~。
勝負ってぜったいどっちか負けてくれないと終わらないもんねえ。
チェルシーはお天気に負けたんだよね。
あんな豪雨でPKって。ランパード……。
マンチェスター・ユナイティッドの本拠地に観戦しに行った日を思い出すなあ。
赤い悪魔がスタジオ中にあふれていて、みんな歌ってた。
ルーニーにギグシー、なつかしい顔ぶれがしっかり今もあの赤いユニフォームを着けてくれてて、うーん、盛り上がった~。
でもあれだけ闘えば、両チームともやり遂げた感はあるんじゃないかな。
ここんとこ野球にすっかり心奪われていたけれど、久々にサッカー場の熱くて速い時間を思い出した。
いやはや、世界最高のサッカーって、ほんと速いんだよねえ。
たまんないわ。素敵。

雪の中のニッポン初戦! - 2008.02.06 Wed

うへえ。
すごい雪。
タイの人が気の毒になりましたが、勝負の世界ですので仕方ありません。
てゆうか、今一番ニッポンが寒い時期だよね~。
ま、ヨーロッパで試合してれば、雪の中泥まみれも多いんだけど、それにしても観客が寒そう。
(走ってる選手はじきに温まるだろうけど)
4-1でニッポン勝利。
おめでとう!!!!!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード