topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大前研一さんのニュースの視点より(コピペ) - 2012.11.23 Fri

今日送られてきた大前研一氏のメルマガ・ニュースの視点の内容が、興味深かったのでコピペ。
考え方は人それぞれだと思うけど、釈然としなかったことがちょっとわかった気がしたから。

-------------------------------------------------------------
 ▼ 安倍総裁の右傾化した日本への持論は不必要
 -------------------------------------------------------------
   
 衆院は16日の本会議で解散され「12月4日公示・16日投開票」の日程で
 総選挙が行われることが正式に決定しました。
 
 野田総理は目標を「比較第1党」とし、現政権を維持できる「単独過半数」の
 確保は厳しいとの認識を示しました。
 
 一方、政権奪還を狙う自民・公明両党は「自公で過半数」を目指し、
 日本維新の会など第三極を目指す勢力との三つ巴の構造となっています。
 
 第三極などと呼ばれていますが、ほとんど実態がない政党ばかりですから、
 「三つ巴」ではなく、もっと「自公」「民主」がしっかりしてくれないと困る
 というのが私の率直な感想です。
 
 その意味で懸念しているのは、自民党の安倍総裁の演説内容です。
 
 持論である「右傾化した日本」についての発言が多く、
 防衛面ではもはや海外と揉めるのが前提になっているような話しぶりです。

 憲法改正という点では私も賛成ですが、
 その改正内容という意味では180度違う見解です。
 
 これからの日本の将来を考えると、国際的に活躍できるような
 開かれた国家を目指していくべきだと思います。
 
 残念ながら安倍総裁の話を聞けば聞くほど、それとはかけ離れた国家像が
 浮かび上がってきます。
 
 今、安倍総裁はおかしな持論を持ち出すべきではなく、
 「自民党として十分反省した」ということ、
 そして「民主党政権の3年間がいかに無意味だったのか」ということ、
 この2点について国民に話をするべきでしょう。
 
 -------------------------------------------------------------
 ▼ 橋下氏・石原氏に国政レベルで期待できることはない
 -------------------------------------------------------------
  
 「太陽の党」との合併を表明した「日本維新の会」は、
 12月4日公示・16日投開票の衆院選に向けて3ケタの数の候補者擁立を
 目指す考えを示しているとのことです。

 松井幹事長の影響なのか、あるいは一時期の圧倒的な人気で政権を取れると
 判断したのか、いずれにせよ橋下大阪市長は国政に乗り出した結果、
 自分自身を見失いつつあると私は感じています。

 今の橋下市長の動きを見ていると、「こういう大阪を作りたい」
 「そして大阪を足がかりとして、日本を変えていきたい」という
 明確なポリシーが感じられません。

 頭の中は「いかにして目の前の選挙に勝つか」ということで
 満たされています。

 石原前都知事と手を組んだのも、選挙に勝つために自分が足りない部分を
 埋めたい一心なのだと思います。
 
 また橋下市長は、核兵器廃絶に関連して
 「政治は現実に即して戦略を考える必要がある。
 スローガンだけ掲げるような政治はもうやめないといけない」
 とも発言しました。
 
 これも一種のパフォーマンスなのでしょうが、私に言わせれば
 「今、こんなことに時間を無駄にしている暇があるのですか?」
 と尋ねたい気持ちです。
 
 このようなことは周知の事実であり、沖縄返還、北方領土問題など
 自民党が隠してきた嘘というのはたくさんあります。
 
 橋下市長の政治家人生において、「今ここで言う必要があるのか?」
 ということをもう1度考えてもらいたいと思います。
 
 橋本市長と手を組む石原前都知事について言えば、
 「野球に例えるなら、ワンポイント先発ピッチャー」などと発言したよう
 ですが、いい加減無責任なことはやめて欲しいと心から思います。
 
 そもそも中国との関係性が悪化した原因を作った張本人が、
 何ら責任を取らないまま、日本を指導しているがごとく振る舞うのは
 無責任極まりないことです。
 
 せめて中国との関係が悪化したことについて、
 どれほどの責任を感じているのか説明するべきでしょう。
 
 今後の日本にとっては「経済」「外交」が最重要課題ですが、
 橋下氏、石原氏のいずれもこの点についての提案は全くありません。
 
 どのように日本経済を立て直すのか?
 中国、韓国、ロシアとの外交をどう進めていくのか?
 
 石原氏は言うまでもなく、結局のところ橋下氏も地方政治家に過ぎず、
 国政レベルで期待するのは難しいということでしょう。
 
 橋下氏は国政に乗り出す前に、もう1度「大阪をピカピカにする」
 という原点に戻るべきだと私は思います。
 
  ==========================================================
  この大前研一のメッセージは11月18日にBBT557chで放映された  
  大前研一ライブの内容を抜粋・編集し、本メールマガジン向けに
  再構成しております。
  ==========================================================

レミゼのCMが入るようになりました «  | BLOG TOP |  » 東京スカイツリー詣で

レンくん情報

本日の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。