FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ウォルト・ディズニーの約束』 - 2018.08.26 Sun

映画『ウォルト・ディズニーの約束』
原題のほうがぜったい良い→『Saving Mr. Banks』

実家の両親ががんがん飲みまくってる爽健美茶のラベルプレゼントで、ディズニー映画ビデオを一本観る権利が当たったので、『ディズニーの約束』とかいう映画を選んでみる。
エマ・トンプソンがメアリー・ポピンズの作者役で、トム・ハンクスが、20年かけてその作者を説得して映画化を達成したウォルト・ディズニーの役。
もともとエマ・トンプソンの頑なな表情だったり、気丈な表情だったり、それが溶ける瞬間みたいな表情とかがとても好きなので、観てみようという気になったんだけど、今回すんごいと思ったのは、トム・ハンクス。なんかもー写真とか動画で観るウォルト・ディズニーそっくりやん! 途中からトムではなくて、本物のディズニーがしゃべってるような錯覚に陥りました。

にしても、『メアリー・ポピンズ』ってこんな話だったんだっけ。
だいぶ前に観たので忘れてる。観直さねば。
ミュージカル映画としてのこの映画が生まれてゆくまでの流れが、とてもよくわかって、へええ~と思った作品。ものすごく泣いたりはしなかったし、子ども時代のパメラ(エマの役名)がかなり苦しい罪を背負ってしまうあたりは胸が痛くて、観ていてもしんどかったし、何度も観たいと思ったりはしないけど、『メアリー・ポピンズ』は観たくなった。
しかし、今回抽選に当たってみてわかったけど、私はけっこーな量ディズニー映画を観ているなあ。やっぱり好きなんだよね。ディズニーの目指す幸福感みたいなのが。
あ、でも、ネズミはどーしても好きになれない。猫派だし犬派だしドナルドダック派なので。
とはいえ、パメラが最初は嫌っていた巨大なネズミーランドのぬいぐるみを前にしてしゃべるところは可愛かったなあ。エマ・トンプソンの頑なさも、今回の役にぴったり。
ずっと引きこまれて、あっという間に観てしまいました。
最後に流れたテープの声は作者ご本人だよね。これまたエマの演じたシーンにぴったんこなので、役者って凄いなーと感動したところ。
それにしても、作家というのはやはり因果な性分だ。
父親に対する自分の罪悪感をずっと抱えて生きてきてしまった彼女の苦痛を伴うトラウマが、ああいう作品を生み出したわけで、つらいよねえ。もっと器用に忘れて生きていければ良かったのにね。でもそしたらあの大ヒット作は生まれなかったんだよね。
メアリー・ポピンズ、幼心にもあんまり優しくない話だな~と思っていたけれど、まぁそれは正しかったというところか。

さて、今日のお昼はソフトバンクホークスが延長12回の末、グラシアルの満塁ホームランで9連勝!
いろいろ継投とか工藤監督ぅ~と思うところは多いものの、当人も言ってるし、なんてったって西武3タテで5ゲーム差まで詰め寄ったのは、みんなの勝利!
ここからだ!!!

 | BLOG TOP |  » 台風と猛暑のくりかえし

レンくん情報

本日の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。