FC2ブログ
topimage

2021-06

まっつぁん復活♪ - 2007.04.23 Mon

大砲松中!

ここんとこずーっと打てずに、ついつい母とも4番に対する不信のグチが増えていたところ、ようやく2戦連続のアーチで復活の兆しをみせてくれた。
いや~、松中さんが打ってくれると本当にほ~~~っとする。
打てないでいる間、夜も眠れなかったそーで、んもーー、ガタイに似合わず繊細なんだから!
それでもなにしろ打てない時期が長かったので、日ハム戦で最初に打ったときも、あー、やっぱここぞというときじゃなくて、こうやって前の人が稼いでくれて安心したら打てるんだね~~、などと悲観的なことを家族で話していたりして。
王監督はえらいね。
連敗してるときはまた胃が痛くなってるんじゃないかと心配せずにいられなかったけど、彼は何がなんでもまっつぁんを信じてるもんなぁ。
きっと自分が打者だったときの状態とか覚えてるんだろうな。
でもまーやっぱり、常設4番にはもーちょっと安定してほしーよーな気もするが。
なんにせよ、シーズンはまだまだ長い。
がんばってほしいものです。

松中選手、今季初の2戦連発で本来の姿を取り戻す
(2007年04月23日)
5回表ホークス2死満塁、松中選手は右中間に満塁本塁打を放ち、多村選手と田上選手に迎えられる

 ホークスの主砲が復調した。松中選手が4号満塁弾を放ち、約2年ぶりの日本ハム戦3連戦3連勝へと導いた。5回2死満塁から先発グリン投手のスライダーを右中間へ運んだ。「最近はチームに貢献できてなかった。直球を待ってて、うまく体が反応した。久々にいい打ち方でした」。次打者の小久保選手の「あそこしかチャンスがなかった。お願いしますって祈ってたよ」という願いにも応えた。
 今回のロード9連戦は打撃不振に悩んだ。宿舎ホテルに戻っても「夜、眠れない」とつらい毎日。7戦目まで1打点。打球に角度がつかず、放物線も描けない。バットを出す角度を変え「今まで地面を両足で感じられず、下半身を使えてなかったから」と、両足のスタンス幅も少し広げるなど試行錯誤を続けた。その苦労は05年4月20日以来、2年ぶりの満塁弾で報われた。今季初の2戦連発。不動の4番が本来の姿を取り戻してきた。 (提供:西部日刊スポーツ新聞社)


世界の中村俊輔!! 日本人初MVP!! «  | BLOG TOP |  » 特発性前庭疾患(急性内耳炎)

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード