topimage

2017-10

斉藤和巳の涙。 - 2007.07.24 Tue

ブキャとハグする斉藤和巳投手。

なぜか印象に残ったブキャとのハグシーン。
と思ったら、次の日のスポーツニュースでもすっぱ抜かれてましたな、写真。笑。
ブキャのおっきい肩が頼もしいです。
鷹の祭典2007ユニがまた超すてき♪ グレーに黄って似合~うvv)
鷹の祭典2007

でも、ヒーローインタビューで本多くんとかずみんが一緒に出てきたときには、思わず、でこぼこ、とつぶやいてしまいました。
和巳っておっきーーと思ってたけど、やっぱホントにおっきー。
そして、115日ぶりの大エースの勝利に、本当に心打たれました。

昨季の踏ん張りぶりで痛めた肩。
自分でも(いつ治るか)よくわからないです、と答えるしかなかった右肩筋疲労。
昨シーズンの彼の闘志は、今でも思い出すだけで目頭が熱くなるものがあるんですが、その彼がようやく得た勝利に、これまた目頭が熱くなりました…!
またヒーローインタビューが、ぶあいそでがっしりしてていーんですよっ。

●続いて斉藤和巳投手に上がってもらいましょう。ファンの皆さんもこの斉藤投手の姿をじっくりと焼き付けて欲しいと思いますが、まずは今シーズン初のヤフードームお立ち台ということになりますが、ファンの皆さんに何を伝えましょうか?
「難しい質問ですね。どんな状況であってもこんだけの多くのファンに声援をしてもらって、すごく幸せな気持ちでいっぱいです。」

中を少し空けての今日の先発ということになりますが、ご自身で振り返ってみて状態はどうだったのでしょうか?
「マウンドに上がればそういうことは一切気にせずに投げているんですけど、今後もこういう状態の中で自分の今出来ることを今年に限っては、去年みたいな姿ではないかもしれないですけど、今自分がチームに貢献できる姿を皆さんに見せたいと思いますんで、よろしくお願いします。」

今自分に出来る事というお話がありましたが、2軍での永い調整期間もありました。どういう思いでチームを見つめていたのでしょうか?
「正直自分のことで精一杯でしたし、その中で感じることもありましたし、そういうことは個人個人に話しているつもりですし、僕自身も人のことばかり気にしていられないのでなんとかチームに貢献できるように、その思いで調整していました。」

後半戦、白星スタートということになりました。後半戦でのテーマというものはありますか?
「テーマと言えば、勝つしかないです。」

最後にファンの皆さんにもう一度一言メッセージをお願いします。
「正直泣きたいぐらいうれしいんですけど、今日はグッと我慢して最後に優勝して皆さんと泣きたいと思いますんで、最後まで応援宜しくお願いします。」


最後の言葉で、こちらもがーっと泣けてしまいました。
かずみ~~~~~~~~(T^T)

そしてそして、なんといっても打線の援護!
この日は本多くんも多村さんもみんなみんな、まるで和巳の闘志が乗り移ったかのように打ってくれました。
つなぎの野球で点が取れると、本当に見ていて気持ちいいものがあります。
後半戦。
勝負はここから。
涙を見せるのはまだ先です…!!!!!

感動を生み始めたホークス «  | BLOG TOP |  » 素敵な子…!

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード