topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀には神様がついてるんですか? - 2007.08.22 Wed

満塁ホームラン!

2-0 から 4-0へ。
満塁のピンチを抜けきった気迫は凄かったけど、ま~、強豪広陵相手にここまでかなと思っていた。
正直、野村投手は素晴らしい。
佐賀北の打線は完全に沈黙。
これが古豪との差かと、あ~あ、でもこれでも準優勝だもん、すごいよねと思っていた。
それがそれがの8回裏。
満塁押し出しで一点追加。
野村くん、お疲れかな~。
でもその後はなんかもう観てられなくて、背を向け仕事場へ戻ったりして。
次の瞬間。
背中からものすごい歓声が聞こえてきた。
まっ、満塁ほおおおおおおおおおおおおおおおおおむらぁああああん!!!!

わー。
ありえないって。
うそ。勝っちゃうよ。
思わずTVのこっち側で悲鳴をあげた。
甲子園で一勝もしてなかった高校が、えええ、優勝しちゃうよ?
九州勢が優勝だよ。きゃー。
スタンドが泣いてる。
ありゃ泣くよ。佐賀人じゃなくても泣くって。
すんごい展開。

と満塁ホームランの興奮もさめやらぬ9回表。
佐賀北、またしてもドラマを作って、最後の正念場をクリア。
これはもう、実力だ。
なんだーこいつらーーーーーーーー!!!!Y(>_<、)Y

奇跡ってほんっとに起こるんだなぁ。
まるでアメリカンドリ~ムのような勝ち方だったよ、県立佐賀北高校。
佐賀には神様がついてるに違いないと思ったのは、この決勝満塁ホームランていうのが、これで2本目で、さらにその1本目はやはり佐賀の高校が最初に1994年?かなんかに打ってるって知ってから。

うーん。凄い。
それでも実力は広陵のほうが上なんじゃないかと思っちゃうけど。
(福岡代表は広陵に14-2で負けてんだよね)
でも深紅の大優勝旗は佐賀に行く。
いやー、もう実力って何??

神様というか、人々のこれで満塁ホームラン出たらかっちょいいよなあ、とか思った想いがぜんぶ、どっか宇宙につながっちゃったんじゃないのと思うような、伝説に残る試合だった。
甲子園で成長したと言われる佐賀北高校野球部。
史上最も長い試合時間を体験したミラクルチーム。
スタンドが応援してくれていたような。
くしくも選手もそう言っていた。
監督が優勝インタビューで茫然と、自分の手を離れて勝手に行っちゃった、みたいなことを言っていたのが印象的だった。

甲子園には奇跡のドラマがある。

公立校・特待生なし…佐賀北、頂点に立ったのは普通の生徒
(読売新聞 - 08月22日 22:52)
第89回全国高校野球選手権大会(22日)――特待生問題に揺れた高校野球界で、4081校の頂点に立ったのは、公立校の野球が好きな普通の生徒たちだった。

22日の夏の全国高校野球大会の決勝を逆転満塁本塁打で制し、初優勝を飾った佐賀北(佐賀)ナイン。延長十五回再試合で勝つなど、最後まであきらめないプレーで甲子園を席巻した。
一方、80年前と40年前に続く3度目の決勝進出で悲願の初優勝を狙った広陵(広島)も、堂々の戦いぶり。
酷暑の球場で見守った5万人の観客、テレビ観戦した全国のファンは昨夏の早稲田実(西東京)―駒大苫小牧(南北海道)の決勝に負けない好ゲームに魅せられた。

八回裏一死満塁で、広陵のリードは3点。「満塁本塁打が出れば逆転」という場面で、3番副島浩史選手の放った打球はレフトスタンドに飛び込んだ――。一塁側スタンド・広陵のシンボルカラーの赤が動きを止め、三塁側の佐賀北の緑が揺れた。副島選手の母伊都子さん(43)は「息子は野球一筋で家に帰ってもいつも素振りしていた。夢みたい」と涙声になった。

ちょっと忙しすぎ。 «  | BLOG TOP |  » 佐賀北の熱い夏!

レンくん情報

本日の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。