topimage

2017-10

老齢猫の腎不全。 - 2007.10.02 Tue

うちの16歳猫

うちのこ16歳。
来月には高齢のにゃんことして、市の表彰式に出る。
(でも猫は出られない。飼い主が行くだけ。むむ)

本日、久々にシャンプーに連れていって、いろいろ調べてもらってきましたが、なんと体重が2.7kgに落ちてました!
これまで3.3kgをキープで、ぷくぷくしてたのに!
ちょっとショック。

高齢猫はまず八割方、腎不全になるそうで、そーなると、点滴受けたり、餌療法したり、けっこうマメに動物病院に通う必要が出てくるそうです。

で、どんな症状が出るんですか?と訊いたところ、
「食欲がなくなったり」「おしっこの回数と量が増えたり」

……食欲、めちゃくちゃあります。
でもまぁ、よく吐くようになったし、一回分の食事量は落ちたかも。
あと水をかなりいっぱい飲むようになったから、やっぱり腎不全ぎみなんだろうなー。

そんなわけで、近々血液検査をやらねばなりません。
人間も猫もですが、高齢になってくると、病院とお友だちになっちゃうよね~。

これからが大変かも。
でも今日はふわふわで、当猫はいたって元気。
もうしばらくはご心配には及びません。

■腎不全の看護について(自分のためにコピペ)

猫の慢性腎不全はいかに看護をするかによって、予後が決まります。できるばあいには積極的に看護をすべきです。以下にその注意点を述べます。要約すると、いかにリラックスした状態を作り出せるかによります。すなはち十分な休養と睡眠が重要です。

1)できるだけリラックスする環境をつくる。
2)新鮮な水を、いつでも切らさないようにする。
3)できるだけ多く水を飲ます機会を与える。
3)十分な、睡眠と休息の時間を作ること。
4)できるだけストレスのかからない環境をつくる。
5)食事はできるだけ、猫の慢性腎不全用の特別食を与えること。
6)市販の食事の場合は、高齢食を選ぶこと。
7)食事は出来るだけ、N‐3系の脂肪酸を含んだ食事を選ぶこと。
8)不必要に、多くのたんぱく質を与えないこと。
9)トイレは普段慣れた、使いやすいものを使用すること。
10)毎日できるだけ、ブラシングを行うこと。


秋の花粉症と24 «  | BLOG TOP |  » 楽天に連敗。。。

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード