topimage

2017-09

愛猫闘病記 - 2008.04.02 Wed

動物病院に診察に連れてゆく前に、ちょこっと桜並木の前にて撮影。
桜とシン

昨日のお昼から1度も吐いていないので、なんだかこれって良くなったんじゃない!?
と早とちり飼い主はママンに電話して、もしかしたら良くなるかも~~と喜んでみる。
その後、動物病院へ。
シンちゃん、さらに痩せてて、2.5kg。
先生はシンちゃんのおなかをさわって触診。
ああ、癌が大きくなってますねえ。と。
がっくり。
きっと癌が消えてるから吐いてないんだと思ったのに。
この1日吐かなかったのはたまたまだと思いますよ、と言われてしまった。
実際、悪性腫瘍が増えている証拠に、白血球がこの間の2倍くらいに増えていた。
ここまで生きてきているだけでも、シンちゃんはがんばったということなんですよ。と先生。

そうだろうな。
こんなに痩せちゃって、骨とかわかっちゃって、苦しいだろうねえ。
なんか、中途半端に希望を抱いちゃったりしてたもんだから、診察の後もぼーっとしてしまった。
そうか。
やっぱり無理か。
でも桜は見せてやれたよな。

薬はこのまま続けるし、そのときまでずっと生きていけるようにがんばってみるけど。
魂はいつか別のステージに行くんだもんね。
院長先生と話していると、彼女は前に亡くなった飼い猫に対して、本当に最後まで治療を受けさせたらしい。
食べられなくなったら、鼻からチューブで栄養をとらせ、最後は酸素ボックスに入れて。
でも、結局は最後を迎えた。
私は。

少し考えさせられた。
でも、やっぱり食べられなくなったら、生き物としては終わりの時期なんだと思う。
そのときは、飼い主の目から見てどんなに苦しそうに見えても、シンちゃんは入院させたりせず、大好きなおうちの中で、最後の苦しみをちゃんと見てあげようと思う。
それもペットを飼うということの一環だと思う。
と、院長先生とも話したのでした。
麻酔手術のときとか、いろいろあったけど、でも、この病院で、この院長先生と話せたことが、私にとっては財産になるかもしれない。
ペットと飼い主という関係について、院長先生の考えを聞かせてもらえて、ちょっと素敵な時間でした。

でもって、シンちゃんはまだまだ食欲旺盛よ!
今日はまだ吐いてない!!
(そしていつ吐くかと、飼い主ドッキドキ!)

■投薬記録;
8:50 吐きそうになったけど吐かず。吐き気止め1
12:20 おなかがちょっとゆるめ。下痢止め1、胃薬1、吐き気止め1
12:30 ステロイド1、抗生物質1、腎不全用1、アガリクス1
     EEM(1/2)、DMS(1/2)、サメ軟骨パウダー
19:10 吐き気止め1
20:10 EEM(1/2)、サメ軟骨パウダー、キャッツクロー(1/2カプセル)

愛猫闘病記 «  | BLOG TOP |  » 本日の桜と猫

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード