FC2ブログ
topimage

2021-06

武田一浩さんの解説で観るホークス戦 - 2005.09.13 Tue

こないだ久しぶりに1敗した和巳の試合。
今日はBSで放映があったので、すでに結果がわかってから鶏肉の炒め物と梅酒と共に録画観戦。
いやー、勝ってるってわかってから観るのって楽かも。
3塁走者残塁とかになってもイライラせずに済むもんねー。

今日は武田一浩さんの解説を聞きながら、興味深く観る。
私、職人(と書いてプロと読む)の解説聴きながら観るの好きだ。
気持ちというやつがいかに投球に作用しているか、元投手だった人だけに、今日の和巳の気持ちの入り方についていろいろ想像できて、非常におもしろかった。

だいたいおっきい画面で観たの、久々だもんねー(T-T )
マンションごとインターネット回線になってる状態でヤフーBBには入れないから、いっつもPCの画面は手のひらサイズです。ふー。それでも音声とかも入るから、ないよりぜんぜんマシだけどね。

和巳の15連勝はもちろん素晴らしい記録だけど、それが逆にこういう試合(ロッテとかじゃなく日本ハムが相手だってこと)でのモティベーションをあげるのに一苦労する結果を招いているという。
今日の和巳はたしかに連勝中のときに比べて、甘い球が何個も出てた感が否めない。
それでも、なんせ和巳サマなのでもちろん調子が悪いとかじゃなくて、内容もけっこうきっちりスゴイんだけど、それは置いておいて、和巳の絶好調のときと比べると、球が甘くて打たれるケースが多かった気がする。
その結果が2本のホームランだ。相手のキャッチャーに打たれたやつなんて、中島、今期第1号HRだよ。そこ打たれちゃいけないでしょう。まぁ中島にしてみれば斉藤から打ったHRは嬉しかったと思うけどサー。これで同点になっちゃったからねえ。

で、気持ち。
もともと和巳はものすごく自分に厳しくてそこがステキと思ってる私だけど、その和巳でも気持ちの持っていき方に苦労してる。
現実として目の前の相手が競っている相手ではないとき、自分自身でモティベーションをあげていかなければならなくて、連勝してきた記憶があることで、心的には相手をナメてるわけじゃなくても、このくらいの球でもいけるだろうと体が相手をナメてしまう。
ふーん。
なにしろ言われてる投手が和巳だったから、ものすごく説得力があって興味深かった。
斉藤ほどの投手でもおんなじなんだなぁ。
気持ちって、おっきいんだねえ。
和巳の気合いが入ってくると、ベンチも気合いが違ってくる。
投手の攻撃的な気持ちは試合を決める。

あとバッテリー。
さすがに元投手なだけあって、武田さんの解説にはキャッチャーのリードの仕方についても鋭い指摘が入る。
稲嶺のときだったと思うけど、リーをリードしていた捕手についても、稲嶺なんかは今シーズンレギュラーで出てきた打者ではないんだし、もっと大胆にリードしていいって言ってた。
なるほどね~。打者のレベルをみて配球を決めるのも大事なのねえ。
そういうふうに投手をリードする女房役として見てくると、やっぱり城島はすごいんだナァと改めて実感。
今日は2回も刺してたしね。ジョーさんもプレーオフでは絶好調に持ってって欲しいとこです。

ところで武田さんはえらくカブレラをほめてたけど。そーなのか。
私なんて、高いお給料払ってんだからもっとホームラン打ってよ、とか思っちゃってたけど★
うまく日本に合って、王さんとの相性もいいんだって。アメリカにいたときは守備の選手というイメージが強かったけど、日本へ来て器用さが出てうまく打てるようになってるんだって。マジメな選手とのこと。
ほほー。
でも日本に馴染んで、日本でいい結果を出してくれるのは嬉しいね。

※今日の解説者:武田一浩
ウィキペディアによれば、ダイエーでも投げていたことのあるこの武田さんは「最多勝利(1998年)と最優秀救援投手(1991年)の両方を獲得した投手は江夏豊、村田兆治に次いで史上3人目。
NHKの解説では物静かで口数は少なめなものの、現役時代の経験を元にした非常に具体的かつ聞いていて面白い解説をよくしてくれる。特にリード解説はすばらしい。野球をやっている人であれば聞いておいて絶対に損はない」
ですって!
なるほど、和巳とその他の投手との違いについても、指の位置や手首の曲げ方まで、実に細かく説明していた。
今日は勝ち負けというとこではもう知ってて観たので、彼の解説がほんとーにおもしろかった☆ 今日録画した分は消さずにおこーっと。

それにしても、7回投球109球で降板させられたときの和巳のくやしそうな顔にはドキドキ。
うーん。残り試合の9連戦のこと考えたり、中五日ってことを考えたりという結果なんだろうけど、いやー、ほんとーにくやしそうだった。
おっきい画面だとこういうのがよく見えていいね。(いや、よくはないんだけど)
まぁここでおりると勝利投手もつかないしねえ。もっとここから調子をあげられそうって思ってただろうし、和巳にとってはくやしいよねえ。
三瀬さんかあ。まぁ王さんて三瀬さん好きだよねえ…。

と思ったらバントのデドボールの判定で大騒ぎ。
まぁでもああいう抗議は必要だと思うんだよね。三瀬にとってはデドボールで崩れるっていうのはすごくイヤな話だから、なんとかしたかったと思うし。
でも結果はデドボールで三瀬さんは交替。
うーん。調子があがってきたところでこんなんはヤだよねえ。
なんとなく今年の三瀬さんの六星占術を知りたい今日この頃。(殺界中かも?)
そんで1アウト2、3塁の場面でよりによって吉武。
げー、と思ってたら、満塁策。ひ~~。
吉武なんとかセ~~~フ。

9回裏。代打で大道さんがきっちり出て、出口代走。総力戦。さーこれからだー!と思ったところで鳥越、バント成功!
ホークスは人材豊かだな~と感じる一面。
でも大村さんと川崎ちゃんが後をつなげなくて3アウト…。どよ~ん。
いー雰囲気だったのになぁ~。

延長10回表。よったけ、がんばる。
小笠原さんはフォアボールで歩かせて。次の4番石本を三振に打ち取って終了~。
よったけ、がんばった。
まぁ、画面で観る限りはけっこうイイ顔してたもんな、吉武さん。
よかったよかった。

10回裏。3番バティスタからの好打順。
ごーん!
ファウルフライを見事にキャッチで守備も好調な我らがバティスタ。
なーんと2ストライクから、ここで気持ちよ~~~くレフトスタンドへサヨナラホームラン!!!
日本では124試合目のバティスタ。なんつう派手な演出だ! ヒーローインタビューは超ゴキゲン!
ありがとう、トニーーーーーー!!!!!!

そうそう、ズレちゃんの復帰後2打席連続痛烈安打も最高だった。
ズレータがいると、チームの雰囲気が楽しげになるから、これも嬉しい。
サヨナラを打ってホームベースに戻ってきたトニーをもみくちゃにしてたでっかい姿がなんとも印象に残った。
おかえりなさい、ズレちゃん♪♪


対ファイターズ戦 3-2(延長10回) 勝利投手:吉武(2勝3敗1S) 負投手:建山(4勝6敗2S)


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherrypink.blog15.fc2.com/tb.php/63-ad1b550c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バティスタがサヨナラ弾!ズレータ首位打者!

今日の、斉藤は前回の流れを引きづっているように見えた。毎回ランナーを背負うし三振が取れない苦しい投球だ。2回に稲葉に先制ソロ、3回には連打でピンチ。ここは、セギノールを併殺。4回には味方打線が4連打で2点を取り逆転してくれたがすぐ後の5回に、中島に甘く...

今日の結果

今日の結果(13日) ○ホークス3-2日本ハム×(延長10回) 勝ち投手(S) 吉武 負け投手 建山 Fs 010 010 000 0 2

ズレ様復活!!

9月13日(分Yahoo!JAPANドーム)  ソフトバンク 3-2 日本ハム 勝利投手:吉武 2勝3敗1S   敗戦投手:建山 4勝6敗2S 【本塁打】 ソフトバンク:バティスタ 26号 日本ハム:稲葉 15号、中嶋 1号 久しぶりに分へ帰ってきた分ソフトバンクホ.

審判である前に、社会人として失格です。

さあ、今日は「がんばっていきまっしょい」の最終回だし、ズレータ様復帰だし、ホーク...

もどかしい試合でしたが・・・

両軍ともに、チャンスをつぶし合い・・・

シーズン終盤戦はすべて総力戦

もはや楽な相手などいない、ということを示すかのようなゲームだった。このところのBuffaloes、Golden Eagles、Fightersとの戦いを見ていると、終盤に登板する投手を打ち崩すのはどこが相手でも容易ではない。また、シーズン序盤から走り続けてきたHawksの投手陣には疲れが見

「チョ~ゴキゲン♪♪」

本日の試合日 0100100000=2ソ 00020000...

ちょっとお休み。 «  | BLOG TOP |  » たまにはフツーの日記

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード