topimage

2017-06

わんこお迎えに至るまで - 2008.06.06 Fri

ここ数日、シンに対する自責の念というか、後悔の念みたいなものが溢れてきて不安定な精神状態でしたが、昨日、同じ時期に長生きにゃんこを亡くした友人と語り合ってきて、美しいもの(薔薇空間等)を観て美味しいものを食べて癒されて、ようやく子犬お迎え体勢になってきました…!

へんな言い方ですが、シンが死んでよかったのです。
もちろん生きてるほうがよかったに決まってますが、シンの死は悪いものではなかった。
死は私にとって、とても良い作用をもたらしてくれたんだと、今日は思えるようになったってことです。
同じように愛するものを喪って苦しんでいる人の気持ちを、少しでも理解できるようになったというのもあります。
それに、死に対する考え方も人それぞれなんだってことも受け入れられるようになりました。
ペットの死に対する考え方も、それぞれ違っていいんです。
人の生き方がそれぞれ違うように、ペットとのお別れの仕方も色々あって構わない。
許容できる自分になれそう。
そう思うだけで、心がちょっとゆるんだように感じるのです。
まぁほら、いっつも張り詰めて生きてるでしょ、人って。
だからこのゆるみ、って実はけっこう素敵で大切なんだと思ったりもするのです。

閑話休題。
昨日からうちにトイプードルの子犬が来ています。
シンちゃんのことからつながったご縁です。
話せば長いことながら、私が犬を飼わねばならぬ!と思うに至ったのは、シンが亡くなったお釈迦様の誕生日のあの花祭りの日からです。
あの日、シンが逝った12時間後に仕事先からかかってきた電話、それが私の気持ちを一気にわんこ飼いへと引き上げたのでした。

ええと、まぁ何人かのお友だちにはさんざん奇跡だなんだと言って聞かせてしまってるのですが。
仕事先からかかってきた電話、ちょうど留守電になってる状態で、あわてて受話器を取ったらすぐに切れました。
まぁ私もあの日はぼろんぼろんでしたから、ぼーっとしてたんですが、考えてみたら仕事相手なら留守電にしててもいつもは必ずメッセージ入れてくれるんですよね。
というわけでヘンだなと思って、10分後くらいにかけ直しました。
そしたら、そちらでは誰も私に電話なんかかけてないって言うんです。
でも私は着信履歴からリターンでかけてるんだから、絶対かかってるんですよ!
でも周りに訊いてもらっても、やっぱり誰もかけてないって…。

うおお。
それだけならまぁ誰か肘で押したでしょ、くらいにしか思わなかったのですが、その後の仕事相手との話の途中で、そういえばちょうど子犬の里親捜しの話がきてるんですよ~~という展開になり。
うおお。
そのときはこれまた何とも思わんかったのですが、その後、シンちゃんのために保冷剤を買いにどしゃ降りの雨の中を出て行った際、バスの中でやたら内なるシンちゃんの声が聞こえてきてまして。

まぁほら、あんな時だから、ほんと私もヘンだったんですよ。
精神状態むちゃくちゃだし、なんでもどこにでもアクセスしちゃったのか。
そして苦しみから解放されてやんちゃになったシンは、私にさっさと犬を飼えと命じたのです。
いや~、思い込みと思えば思い込み、不思議と思えば不思議。
人生考えようなんですが、なんかじわじわと、これってシンのお導き?って思うようになって。

ただですね。
そのとき仕事先に来てた話の子は、フツー庭がないと無理でしょうってな感じの、ちょっとでかめの子犬でして。
いやあ。
さすがにマンション住まいの私には無理だよ、っていろんな友達に諭されまして。
結局、そのときはあきらめたんですが、以来、寝ても覚めてもわんこ、わんこ、わんこだったらどの種類がいーかな~~~~~~~♪ と仕事中にネットサーフィンだのブリーダーさんち巡りだのを始めてしまいまして。

最初はポメラニアンだったかなあ。
それからチワワとかキャバリアとか、果てはマルチーズにまで手を伸ばしかけたんですが、最終的に、めちゃんこ近くの色んな意味で理想的なブリーダーさんに出逢ってしまって、それがたまたまトイプーだったという流れで、トイプードルのホワイトの男の子が来ちゃうことになったわけです。
ほんとは女の子を探してたんですが、やっぱりうちに来るのは男の子なのかな~。

なんだろうなぁ。
あの日のシンの声のおかげで、私、実はとっても助かったような気がしてますよ。
だって、シンがいなくなっちゃった! もうダメ! 私、シンなしでは生きていけない! と思ってたのが、そのことだけを考えなくて済むようにしてもらえたんですから。
どういうご縁だったのか、電話のこととかももうよくわかりませんが、これが縁なんだと思います。
私はシンを愛した想いをずっと抱いて、レンを受け入れるんです。

あ、わんこの名前は「レン」になりました。
シンと似ていて、呼び間違うこともあるからすごーく抵抗したんですが、だって、レオンのつもりでレオンって呼んだらその子犬ぜんぜん反応なくて、レンって呼んだとたん、こっちにとことこ来たんだもん~~Y(>_<、)Y

あーん、あんたはレンなのね。もう、わかったわよお。
って感じで名前も決まっちまったのでした。

そして今現在、育児疲れに至るわけです。
猫とちがって、犬のしつけは大変です。

というわけで本日のレンくんをぺたり。
レン

サークルの外に出て遊んでいるときは大変ご機嫌です。
そして夜泣きも一切せずに良い子でぐーぴー寝てくれるのですが、おトイレだけはへたっぴです。
今は要求吠えして飼い主のお試し期間のようです。
こっ、ここで負けちゃダメなのよ~~~~~~Y(>_<、)Y

>Cさん
拍手コメ、ありがとうございます!
そんなふうに言ってもらえて嬉しいです。
レンくん、です。男の子なのです。大変元気に跳ね回っています。
シンと似てるとこは、今のとこ、抱っこがあんまり好きじゃないとこかも。
わんこなんだし、やっぱ抱っこは好きにならないとねー。
とスキンシップしつつ、育児がんばってます!

>Aさん
ありがとう、ありがとう!
そうかな。シンも安心してくれてるかな。
そうだといいな。
レンを迎えるにあたって、久しぶりにシンのちっちゃい頃のことを思い出しました。
それまでは苦しい最期とかの思い出が強くて、私も辛かったのですが、ようやく可愛い可愛いシンのことを思い出せましたよ。
やっぱりシンのお導きなのかもしれません。

猫の下僕体質(シンちゃんは王子様でしたし!)が身に沁みてるので、ちゃんと育てられるかどうか心配でしたが、やっぱりぜんぜん違う生き物なので、大丈夫みたいです。
ただ、わんこに慣れてる人に比べて、私の接し方はちょっと冷たいような気もするので、もうちょいがんばって子犬と同じテンションで遊んであげられるようになりたいなー、と犬飼いの友人を観察中なのでした☆

クールな猫飼い «  | BLOG TOP |  » 育児。。。

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード