topimage

2017-07

涙が止まらない - 2008.09.23 Tue

王監督の声を聞いた。
今季限りでホークスの監督を引退するという。
予想はしていたし、早い時期に宣言してしまうほうがいいだろうなとも思っていた。
9月のホークスの成績はもう笑えるほどひどいもので、おそらくこのまま楽天にも抜かされて最下位に落ちるんじゃないか、と想像している。
監督は、士気に関わる、と言った。
今のホークスの状態を鑑みての決意だと思う。
もうこれしかないだろうというような決断に見える。
予測はしていたけれど、実際にこういう形で監督の宣言を迎えてしまうと、だらだら涙があふれてきて止まらなくなった。
ホークス優勝で送り出してあげたかった。
期待に応えてあげたかった。
選手もみんな無念だろうと思う。
今はまだ、勇退表明インタビューを聞いたばかりで何も言えない。

ソフトバンクの王貞治監督(68)が23日、日本ハム24回戦(ヤフードーム)後に、今季限りでの退任を発表した。(福岡市内のホテルで退任会見)

 「この14年間、大変お世話になりました。一昨年に病気をしました。それまで自分の体力を過信していたくらい、体力には自信があったもんですから、(術後は)じれったい思いで毎日過ごしていた2年間でした」

 「昨年の今ごろも、竹内常務には『肉体的についていけそうにない』とお話ししたことがあります。昨年の成績には納得いってなかったものですから、改めてチャレンジしようと考えました。しかし、監督生命をかけてという思いをシーズン終了後、選手に発言しましたが、逆にプレッシャーになったのかもしれません。うちの選手は普通に戦えば、優勝し、クライマックスシリーズに行ける選手たちです。私はよかれと思って発言しましたが、選手にはブレーキをかけてしまったかもしれません。14年間で一番の反省点だと考えています」

 「選手は監督の顔をよく見ております。特に夏以降は私の体もよくないことが多かったですが、選手も何か従来と違うように感じました。9月(の低迷)は私自身の(体調不良との)戦いが選手に移ってしまったかもしれません。自分で決断した以上、受け入れてもらわないとと思い、本日の朝、了承してもらいました。プロ野球に入って50年です。50年、ひとつの道にどっぷりつかり、心をときめかせてやれたのは幸せなことだと思います。ユニホームを脱ぐことが決まりましたが、このときめきを、今後どうやって起こしていけばいいのか、見当がつきません。このあと何をするか決まっていません。しばらくはのんびりさせていただきたいと思います」

夕焼け小焼け «  | BLOG TOP |  » カートに乗って

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード