topimage

2017-07

我らがホークスの和田毅 - 2009.02.23 Mon

某番組で野村監督がすでにWBCの監督は裏で話がついていた、なんてボヤいていたのを耳にして以来、WBCも所詮巨人の肝煎りかいとスネスネっとなっていたが、今日は以下のような記事を見つけて、少し気持ちが晴れた。


 和田の国際大会4連続出場への道が途切れた。侍ジャパン最終候補で唯一、2004年アテネ五輪、06年WBC、08年北京五輪すべてに出場してきたが、最終メンバーから漏れた。選考結果の通知について「ありました」とだけ話し、神妙な表情でチームの移動バスに乗り込んだ。

 左腕中継ぎの座を争った内海、山口、岩田に結果の面でかわされた。シート打撃は打者8人で3安打。21日の練習試合では先発2回2/3を1安打無失点と好投も、直後に内海が中継ぎ2イニングを完ぺきに抑えた。先発の柱に松坂、ダルビッシュ、岩隈、杉内が固定されており、中継ぎ適性からも他投手が優先された形だ。

 この日は室内練習場で調整。ともにランニングした田中とキャッチボールを行い、緊張感を漂わせながらも「やればやるほど、投げれば投げるほど、調子は良くなっている」と手応えを語っていた。それだけにまさかの結果にショックを隠せない様子だった。

 無念の落選となったが、ホークスには投の主軸の早期合流を意味する。昨年の開幕投手を務めた杉内はWBC決勝まで勝ち進めば帰国が3月25日。エース斉藤の復帰もメドが立っていない。4月3日の開幕オリックス戦へ向け、調整面での負担が少ない和田が本命に躍り出るのは間違いない。

 高山投手コーチは「もちろん、こっち(ホークスキャンプ)に参加する。ヤワな男じゃない。そんなに心配していない」と激励。ホークス和田があす24日から生目の杜で再出発する。 (森 淳)

=2009/02/23付 西日本スポーツ=



わっちを一番生かせる場面は、やはりソフトバンクホークスの舞台。
そしてわっちは強い。
WBCが何だってんだい。
わっちはホークスがもらった!!!

箱入りレンくんv «  | BLOG TOP |  » にゃんにゃんDAY

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード