topimage

2017-04

やっぱりシンに居て欲しい - 2008.05.31 Sat

また波がぶり返してるというか、もう二ヶ月近くになろうというのに情けないけど、やっぱりいないのが淋しいです。
元気な頃のことを思い出してやればいいよと言われますが、シンのことを思い出すこと自体がつらいのです。
今ここにいないからです。
あのあったかくて柔らかい、やさしい生き物を抱っこできないからです。
一人でいるのがつらくて、今日は久しぶりに泣いてしまいました。
あの子はもうここにいない。
でもあの子がいい。
やっぱりシンがいい。
シンちゃんを抱っこしたいのです。

お線香 - 2008.05.10 Sat

ちょっと前の話ですが、シンちゃん用のお線香がきれたので探しに行きました。
花祭りに逝った子なので、甘茶香というのがあるらしく、それもよいな~と思って探したんですが。
甘茶香みつかったけど、ちょっと香りが好みじゃなくて~。
お線香も今やアロマ全盛時代。
いっろんなのが出てますね~~。
結局、宇野千代のお線香『薄墨の桜』というのにしました。
淡い甘い香りで、煙も少なくて、とっても上品なのです。
桜は季節はずれですが、シンちゃんは桜の精になっちゃった気がするので、まぁそんな感じで。
毎朝起きると、お供えのお水を変えて、お線香をあげて、というのが習慣になりました。
合掌。

一ヶ月。 - 2008.05.09 Fri

4/8にシンが逝ってから、ちょうどひと月。
あまりにも仕事がぱっつんつんなので、blog更新も控えてましたが、そのちょうどひと月後の今日、シンのことではずいぶん私を励ましてくれた友人の猫が息を引き取ったという報せを、先ほど受け取りました。
同じく、16歳。
まぁシンは17歳だったけど、なったばかりのとこだったので、だいたい16年。

長生きしてくれましたよね。
よくぞがんばってくれましたよね。
こう書いていて、同志のような不思議な連帯感を覚えてます。
でも共に、うちとこのにゃんこは幸せだったよねと胸張って言えますね。
看病、しんどかったと思います。
あれ、体力奪われますので。
今夜はゆっくり寝てください。
また悲しみも何度もあふれますけど、一緒に泣きましょうね。
がまんせずにいっぱい泣くといいですよ。
今はそんなことも考えてはいられないかもですが。

しばらくは茫然と、そしてホッと自分を休める日々になると思います。
私も、最後はほんとに、シンちゃん逝ってくれて、楽になってくれて、ほんとにほんとによかったと思って泣きましたもの。
もすこししたら、がんばったUさんとシンちゃんに乾杯しましょう!!
心からご冥福をお祈りいたします。

シンの効用 - 2008.05.01 Thu

5月になってしまった。
仕事がかなりギリギリの状況である。
いつものことだと言われればそれまでなのだけど、やっぱりシンを亡くしたショックが響いたのか、今回は焦り始めるのが遅すぎて、前代未聞なほど切羽詰まっている。
とはいえ、焦っても仕事に集中できないので、なんとか落ち着かねばならない。
そこで気がつく。
いつもその役を引き受けてくれていたシンちゃんがいない。
ものすごい孤独感が背中からずっしり乗っかってくる感じ。
けっこうしんどいな、これ。
シンちゃんのお世話をするだけで自分が力をもらっていたんだなと、あらためて思わされた。
シンを食べさせなきゃって思うから、しんどくても頑張れていたんだねえ。
シンがいないと、へんに一日をぼんやりして過ごしてしまって、無為に時間が流れていってしまう。
タイムスケジュールもシンちゃん単位だったんだなあ。
ふう。
シンの効用は意外におっきい。

ところで、NHKの連ドラにザセツし、毎朝観るものがなくなって淋しい思いを味わってたところで、ようやくおもしろいドラマをめっける。
『ホカベン』
弁護士のひよっこの物語であるが、いや~、やっぱ北村一輝いいわ~♪
主人公の顔立ちとしては『おせん』の蒼井優ちゃんのほうが好みなんだけど(『おせん』は蒼井優のプロモビデオみたいで超ステキ♪ 蒼井優ちゃん好っき~~vv)、上戸彩ちゃんの熱血新人弁護士役も悪くない。
やや熱すぎるきらいはあるんだけど、脚本がしっかりしてるのか、北村一輝さんが素敵なのか、とにかく魅せてくれる。
やったー。
毎週録画したいドラマをめっけたぞーvv

時々どっと - 2008.04.22 Tue

もうだいぶシンがいないことに慣れてきたと思ったんだけど、時々どっと淋しさがあふれてくる。
それを友だちに告白したら、16年間も一緒だったんだもん、あたりまえだよ、と言われて救われた。
そうか、今日で2週間経ったのか。
短かったような、長かったような。
ふかふかのシンちゃんを抱っこしたい。
名前を呼んだら、ふなあと応えるシンちゃんの世話がしたい。

初七日の法要 - 2008.04.15 Tue

慈恵院にて

初七日の今日もいいお天気に恵まれました。
シンちゃんは晴れ男だねと友人と話しながら、ゆったり納骨堂へ向かいます。
先日のお葬式のときは飾ってあげる造花や写真を用意していなかったので、今日はしっかり飾り立てるのです!!
シンちゃんの場所

こんな感じになりました。
この写真は母がフォトにして送ってくれたものです。
可愛いなあ。
ほんとーにシンほど美しいにゃんこはいなかったよね、と亡くしてからも親ばかぶりを発揮してる私です。

さて、動物の魂のサイクルは人間よりも早いそうで。
フラメンコの先生にあんまり悲しみすぎてたら、次の生に行けないのよと言われたりして。
まぁそんなにすぐに切り替えるのは難しいですが、それでも、今日という日はなんだか区切りになってくれたような気がします。
猫の一日が人間の五日分にあたるとすれば、初七日は三十五日忌ですかね。
そろそろシンも旅立ちの準備が整っている頃でしょう。
私も元気にならなくっちゃ。

これはお堂の眠り猫。
墓守猫でもあるようです。
眠り猫

虹の橋 - 2008.04.14 Mon

シンの花

シンがいなくなって一週間が過ぎようとしています。
お友達にいただいたお花が、シンの御仏前を思いきり華やかに飾ってくれているので、シンは本当にお花に埋もれてます。
幸せな子だと思います。心から、ありがとう!
RIMG14259ss.jpg

お悔やみをくださった友人たちから、虹の橋の話を聞きました。
(第3部を作ってあるのはコチラ。この第3部もいーんですよね~)
『千の風にのって』も元はネイティブ・アメリカンの歌だったようですが、これもインディアンの古い伝承のようです。
愛する動物を失った者の心は同じなんだなぁと思わずにいられません。
これを読んでると、ああ、ほんとにシンちゃんはもう楽になって、日だまりでふにゃんと眠ってくれてるんだなとホッとします。
もう吐かないし、どこも痛くないし、きっと大好きなごはんも好きなだけ食べられているでしょう。
うれしいな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

レンくん情報

本日の名言

プロフィール

さくら (cherry)

最近の記事

カテゴリー

ホークスブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

COUNTER

RSSフィード